スチールハウス・スチールパネル⇒スチールハウスTOPへ
suti-rupaneruno お悩み解決いたします

スチールパネルはこんなお悩みを解決します
スチールハウスって?土地活用事例 スチールパネルお問い合わせ
低価格高品質

ケース1.借地権
スチールパネルは、軽量薄板形鋼造と呼ばれている通り、非堅固な建物に分類されます。 旧法借地権の建て替え要件で堅固な建物不可という場合には、自由な設計でかつ、3階建ローコスト建築が可能な「スチールパネル工法」が最適です。
ケース2.計画道路
土地が都市計画道路にかかる場合、さまざまな建築制限があります。計画道路内に建築する場合、将来道路となる土地のため堅固な建物は建てられません。建物の階数制限もあります。スチールパネルは、住宅以外にも店舗・事務所などさまざまな用途が可能です。
ケース3.防火地域
防火地域内の建物は、規模用途により耐火性能が要求されます。スチールパネルは、国土交通省より「1時間耐火」の認定を取得しています。3階建までの様々な建築物が可能です。ローコストなうえ、耐火性能が標準対応です。
ケース4.
プランニング
当社に来られる方の中に、「大手他社のプランに納得できないので・・・・・」というお悩みから相談にいらっしゃるケースが多数あります。当社は、建物ありきではなく・・街づくりの観点~土地ありき~周辺環境との調和・・などより、プランニングを行っています。他社のプランニングに納得のいかない方は、ぜひ一度プロスパーデザインまでご相談ください。賃貸経営シュミレーションを作成いたします。

無料プラン相談会
お問い合わせはこちらから
土地有効活用をお考えの方お気軽にご相談ください。  お問い合わせ
 
提供していただきました情報の取り扱いにつきましてはプライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP